うねにま団

sakusakuの話やら、日記やら。あ、ちゃんと小説もかいていたり、なんだかいいかげんなふたりです。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
WEBCLAP+LINKS
     
rakugakibord
RECOMMEND
マンガでわかる統計学 回帰分析編
マンガでわかる統計学 回帰分析編 (JUGEMレビュー »)
高橋 信, 井上 いろは, トレンドプロ
難解な統計学の回帰分析を説明したメイド本(笑
数学が苦手なわたしでもメイドさんと一緒なら勉強できる♪
RECOMMEND
きょうの猫村さん 1
きょうの猫村さん 1 (JUGEMレビュー »)
ほし よりこ
まじではまります。
うちの書店系列のお勧め商品なんですが猫村さんの優しさが癒し系!
RECOMMEND
少年陰陽師 冥夜の帳を切り開け
少年陰陽師 冥夜の帳を切り開け (JUGEMレビュー »)
結城 光流
怒涛の勢いで読み中(うね)
晴明(青年)の声が好きです。
くすっ。
あ、作品も好きです。もちろん。
PROFILE+BROGPET

    メロメロパーク
     
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
そしてぼくは途方にくれる-1
ACT.2(1)
―11:10ロンドン/マルセイユ市街地 ハイウエイ


激しい反動で、健と、白(あきら)は座席から吹き飛ばされそうになる。
モービルはエマージェンシーのアラームを繰り返して点滅する。

「い・・・いた・・っ、健、平気?」

白は激しくドアガラスに打ちつけた頭をさすりながら運転席の方を見る。
ハンドルを持ったまま、健は恐い形相で不気味に微笑んでいる。

「ふ・・ふふ・・面白くなってきたじゃねぇか…」
「…た、たけしくん?」
「白、本部とケーサツに連絡しておけ」
そう言うと、腰のベルトから銃を取りだし、マガジン(弾倉)を確認して
安全装置を外し、ドアをあける。
ドアを開けると、噴煙がぶあっとモービル室内に入ってくる。

「俺は外見てくる」
「ま、まってぼくも」
「お前はオペレーターだろ、まずは自分の仕事をしろ」
そういって、健は噴煙の中に入っていった。。。
「…いつから、ぼくはオペレーターになったんだよ」
| うねにま団 | 宇宙宅急便 | comments(11) | - |
そしてぼくは途方にくれる-1-
ACT.1(4)
―11:50ロンドン/マルセイユ市街地


ロンドンの街並は移りゆく季節に合わせていろをかえていた。
ただ、もうこの”季節”すら、人が作り出した幻影なのだ。

21世紀に、人間はあっけなく地球を死滅の道の寸前まで進んだ。
それは20世紀から始まったエネルギー革命で大量消費されたガソリンや
大気汚染、温暖化、もうなんでもよかったんだ。引き金はひとつ。
それが発端になって善も悪もなくただ、相手を滅ぼすだけに勢力を注いだ結果、
アジアのとある国がそれを発射した。。

無用の長持でしかなかったはずの兵器だった。

俺たちの先祖は地獄を見た。

そして、使えなくなった土地と文明によってなんとか維持できる土地を分けて住み、新しい土地の開拓に全力を尽くした。
新しい土地。。そう、宇宙。
宇宙開拓時代があり、急速な進化を持って月にはコロニ−が多数開拓され、
月と呼ばれた神秘なる星はいまや人が住むただの土地になったのだ。

そして、国際警察は自然に宇宙も管轄することになった。

「まあ、そんなことどーでもいいんだけどね」
そういって、モービルを滑らしていく。
オートマチック運行が義務付けられている道なので俺は形だけハンドルを握り、
マルセイユ空港までの道のりを楽しむことにするのだ。
「なに?健なんか言った?」
「別に。んで、なんでこの皇女の遺体の資料まで送ってきてるの、ボスは」
「今日これもエアポートから旅立たれるんだからってことの関係資料?」
「んじゃ、俺みないからおまえ読んでおいて必要が生じたらおしえてくれたまへ」
「ええ”〜」

その会話の最中からだった。
前方の黒塗りのモービルが見え隠れしていたのは。
俺はちょっと気になる。
これでも警察官だ。
「ユーザー承認、前方30Mの黒のBMWのM1300」
設置してある認証システムが俺がターゲットした車を割り出す。
「どーしたの?」
「いや、あれが護送車だったりしてとかおもってさ、周りをずいぶんガードしたモービルがいるしさー」

ユーザー認証:エラー/アクセス不可

「アク禁?つうことはビンゴ?」
「相変わらず、山を当てるのは得意だねー」
「んじゃ、俺たちもあのBMを後ろからストーキングすればいいつうことだ」
「え?だれが乗ってるかわかんないじゃん」
「イーサンかミイラかどっちかってことだな」

それは、瞬間。

目の前でバクハツ―。
ドーンという空気の震動。
自分たちが乗ったモービルがその力に逆らうことなく、吹き飛んでいくのが
分かる。

「た、健!!」
「ち、ちくしょー!!オート解除ぉぉ」
そういって、俺はハンドルをさばきアクセルを踏みこむ。
「5秒後右に対向車!」
そう白が叫んだ途端、右から降るようにモービルが突っ込んでくるのを交わす。
「次、2発目くる!」
「どっちからだー!」
「右!」
噴煙と砕かれた道をすべるようにモービルを運転して、アクセルをめいっぱい踏みこんで、ギアを切る。
そして、今度はブレーキを一気に入れるとモービルは回転するように止まった。






| うねにま団 | 宇宙宅急便 | comments(0) | - |
あ゛ははははは
ぜんぜん進んでいません。うねです。
もう、半年経ちますよ。
なんとかしなきゃあ。

瑤呂叩∈F、四月馬鹿!

いや、これは嘘ではない(といいなぁ(こらこら))。

まなみちゃんの言っていたように、たしかに、つばさのコメントがだんだんと腐女子化してますが…。
あーあ。

小話でも書いて、つばさちゃんにしないとね。
つばさちゃんまで「ちもー」言い出したら(ゆってるか)、にまくんだっていたたまれないだろうよ。ねぇ。
| うねにま団 | うね談 | comments(3) | - |
ちまちま書きはじめたり
泰明&チモ萌えうねです。
遙かサイトばかりに熱を入れてます。てへ。
今、いろいろ改装中です。
しかし、センスが悪い…。鍛えるべきだった(ああ)。

さて。
「れぢえんと」をすすめ始めましたが。
今月中に載せられるかな。
てか、ここでがんばっとかないと11月に出せないじゃん(え、出すつもりなのか?)。
ほら、だってにまくんも出すでしょう?(しかし、スペースはどんなジャンルでとるの? 私はどこでも良いけど、オリジナル? 男の子向け?)

まいっか。

はぢめくん、似非ハードボイルドにいけるかしら。
最近、チモばかりかいているから「クッ」とかゆわせてしまいそうだよ(だめだだめだ、それだとはぢめくんにならない)。

と、とりあえずっ。
| うねにま団 | うね談 | comments(12) | - |
そしてぼくは途方にくれる-1-
ACT.1(3)
―11:40ロンドン/国際宇宙警察管内地下駐車場

ふたりで乗りこんだモービルを手早く起動させていく健、その横で
小さなモバイルをモービルの備え付けてあるモニターに接続していく白(あきら)。

「んで、資料のデーターとどいた?」
「うん、いま解凍する所。もーエドワードさんのセキュリティー固いから、
なかなか開けない・・・よし、開いた」
白の目の前に紙をばら撒いたかのように、モニターからフォログラム画像で浮き出される。
あっという間に次々と資料と人の顔イメージが散らばるのを分けるように白が手早く内容を解読していく。
「んと、さっきやってたどっかの皇女様の遺体の資料と…イーサン・フロウ…イーサンってあれ?去年月で爆破テロ起こした宇宙海賊?」
「宇宙海賊だなんて立派な職種じゃねぇだろ。なんでそんな資料が入ってるんだ?だって、捕まえただろ?死に物狂いで45人も死傷者だしてさ」
「…内密に恩赦で釈放されるらしいよ」
「ああん?」
健は白の目の前に散らばったフォログラフイメージを覗きこむように見る。
読もうと目を凝らすが…ん?
「なんだこれ、なーんで英語で書いてないんだよ!」
「…だって、ボスの機密資料なんじゃないの?これ、時間がないから丸投げしたからさ、スペイン語なんじゃないの?」
「だーっ」
「なんで、スパニッシュガールと同棲とか出来るのにスペイン語よめないの??」
「英語と日本語しか俺は出来ない仕組みになってるの!」
「うそつけ、文盲なだけで世界中のオンナノコと愛を語らえるくせに」
「それは男だからな。まそれはともかく、なんであんな犯罪者が恩赦なんて受けれるんだよ?おかしーだろ?」
「うーん、他の惑星に存在する尊敬すべき独立国王によるって書いてあるけど・・地球圏内には内密に護送するって書いてあるね」
「まさか、その護送役とか?」
「それはもっとステキな勤務の方の仕事でしょ?急遽に決まったことらしくって護衛が足らないからエアポートを守れってことみたい」
「…意味なく簡単な話だな。そんなにモバイルに資料を送る話でもなさそうだ」
「たしかにね。。。ま、どっちにしてもそいつのフライトは14時みたいだから、そのまま家族のご対面が出来るからいいね」
「かえりたいなー・・・」
| うねにま団 | 宇宙宅急便 | comments(0) | - |
宣言をするのだ。そうすれば良いのだ。
更新しますと。な。

こないだゆってたけどさ、ま、てきとーにやろうや。
(って今までもてきとーにはじめたのだが?)

私は取り合えず、パパママの話を書くよ。
進めるよ。
がんばるよ。

てこないだもゆったが。

でも、まだオチを思い出せないの。
変えても良い?
| うねにま団 | うね談 | comments(3) | trackbacks(101) |
すみませっ
かぜっぴき、うねです。
すっかり腐女子化してます。えへ。

声が出ないのを良いことに、今日はいろいろかいてます。
近いうち、続きをだします。
なんかげつぶりだー。

ある程度集まったら(まだまだ先だが)、サイトにまとめたいよね>にまくん
| うねにま団 | うね談 | comments(6) | trackbacks(0) |
韓国の天才少年より正直驚いた。
あはは。10歳の娘さんでこれかあ。。
http://artakiane.com/
| うねにま団 | にま談 | comments(3) | trackbacks(0) |
はじめにともだちができました。
メロのはじめに友達ができました。
CiZさんのところのZiZです。

| うねにま団 | にま談 | comments(2) | trackbacks(0) |
うぐあおっ♪
に、にまくんの日記っっ。

わーん。
うれちい〜。
もらっちゃうよ、もらっちゃうよっ。
ちらつかされるよ〜。がんばるよー。

うきうき。


| うねにま団 | うね談 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>