うねにま団

sakusakuの話やら、日記やら。あ、ちゃんと小説もかいていたり、なんだかいいかげんなふたりです。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
WEBCLAP+LINKS
     
rakugakibord
RECOMMEND
マンガでわかる統計学 回帰分析編
マンガでわかる統計学 回帰分析編 (JUGEMレビュー »)
高橋 信, 井上 いろは, トレンドプロ
難解な統計学の回帰分析を説明したメイド本(笑
数学が苦手なわたしでもメイドさんと一緒なら勉強できる♪
RECOMMEND
きょうの猫村さん 1
きょうの猫村さん 1 (JUGEMレビュー »)
ほし よりこ
まじではまります。
うちの書店系列のお勧め商品なんですが猫村さんの優しさが癒し系!
RECOMMEND
少年陰陽師 冥夜の帳を切り開け
少年陰陽師 冥夜の帳を切り開け (JUGEMレビュー »)
結城 光流
怒涛の勢いで読み中(うね)
晴明(青年)の声が好きです。
くすっ。
あ、作品も好きです。もちろん。
PROFILE+BROGPET

    メロメロパーク
     
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
あくといち そのに のつづき
そのさん 化石



翔は「けち」と言ってすこし頬を膨らませる。

「けち? けちってなんだよ」
自分としては十分しゃべったはずだ、ほかにどんな情報を与えれば良いのだ。



――座右の銘か? 座右の銘を教えなかったから「けち」なのか? どうして座右の銘を教えなかったくらいで「けち」になるんだ
肇は心底わからんと思った。


こんなのと残りの人生を過ごすのかと思うと気が重い。

顔を上げれば、ふと目が合う。
そして


「ねー、はじめくん」
ときたもんだ。



――はじめくんだと? そういえば、俺は質問をしていたのではないか
たしかに「けちってなんだよ」という質問をしている。そして、翔はそれに答えていない。
ついつい翔のペースに流れてしまう。
では、この際一気に主張してしまおうと肇は思う。

「人の質問に答えろ、それからはじめくんというのはやめてくれ」

翔は「あら」という顔をして身を乗り出した。
「だって、はじめくんじゃない」
「あのな、俺は歯医者に来たガキじゃないんだ。明らかに子どものお前にはじめくん呼ばわりされる筋合いはない」






また話の主導権をとられたようですね。はじめくん。





さて、翔は言う。
「あたしは立派に大人っ。イギリス人なら市民権だって選挙権だってあるもん」
「お前、日本人」
「なら、パチンコにだっていけるし、放送大学にだって入れる!」
肇は心の中で「はいはい」と言った。口に出せばまた角が立つ。



「結婚してたら3歳の子どもがいたっていいんだよ、3歳って言ったら3年保育で幼稚園にだって入れるし、世間じゃ「ママ」、「お母さん」でしょ。お母さんってゆったら立派に大人じゃない。違う? そりゃ、私は中卒で算数しかわかんないけど、それでもママになれるのよ。これのどこが子どもだっていうのよ」


肇はまだ主導権をとられていることに気づいていない。



「ほぉ、中卒で、算数しか分からないのに学位をとったか、たいしたもんだ
な」
「話をそらさない!」



話を根本からそらしているのは翔だということに肇は気付かない。


「だが、俺より年下だということには変わりない」
「いまどき儒教意識の強い人ねー」
「・・・お前、口が減らんなぁ」
肇はまたまたため息をついて
「どうして密航なんかしたんだい?」
と聞く。



もう当初の質問など忘れたくさい。



彼女はぽんと膝をたたいて「それよ、それー」という。
――なにが「それ」なんだか・・・
翔のほうは密航に対して一向に反省する気配がない。



「あたし、初恋の人を探してるの。研修でね、マルセイユ支部だったのね。すっごいやさしくて、すっごいかっちょよくて、優秀な人なの。そうだな、歳は望月さんくらいの人、かな、顔は忘れちゃったけど」




――初恋? 顔を忘れた? そんな奴を探しているのか。どうするつもりだ


肇はもうわけがわかんない。




「その人がね、部門は違ったんだけど気にかけてくれてね。名前を聞きたいって言ったら「次にあったときな」って。なのに、その人、調査に出ちゃって、私の研修期間中に戻ってこなかった。一通り研修が終わってマルセイユに戻ってきてみたら、その人、ロンドンに移ったって言うの。で、ロンドンに来てみたの。でも、本庁は広くて、あの人の名前もわかんないし、顔もわかんないし。それにエージェントだからもしかしたら危険な目にあって・・・」




――とにかく質問に答えん奴だな
と肇は思った(←翔が質問に答えていないことに気付いていたのか・・・)が、
翔がしょげているようなので宥めてみる。

男は女にやさしくなければならないから。

こんなのでも。




「ここ数年、マルセイユからロンドンに移って死んだのはいない」

心の中で「たぶん」と付け加える。

翔は「ほんとう?」と顔を上げて頷く肇を見つめた。

それを見て「一途なのかもしれないな」と思ってみる。

思ったことを言動に表すタイプだが、悪い娘ではなさそうだ。

密航をした時点で十分悪いのだが。

でもま、どうせ死ぬまで暇だし、話に付き合ってやろうと思う。



「そいつの国籍くらいは分かるだろう」
「日本人、ぽい」
「ぽい」
「東洋系。でも、大陸っぽくも半島っぽくもないと思う。ふつうに日本語しゃべってたし」



ん。



――日本人? マルセイユ。ロンドン?




嫌な予感がした。




そういえば、マルセイユでそんな記憶がある。




彼女も見たことがあるといえば見たことがある。



かもしれない。



たぶん。



そんな気がする。


ように思われる。




でも、もっと素直でかわいい子ではなかったか? なんとなく。




――なんてこった。

肇が天井を仰いでいると


「知ってるの?」
という。

肇は翔を一瞥して
「いや、知らん」
と言った。



翔は「へ――え」と意味ありげに何度も頷いて、
ばっと肇に飛び掛った。
「わっ」
「正直に言わないと、襲っちゃうぞー」



――それは脅していることにならん



肇は翔にしがみつかれたまま、つまり強制だっこのままわめく。
「わかった。それは俺だよ、俺、わかってるんだろーが」

「だって、望月さん、嘘下手なんだもん。きゃっうれしいっ。やっと会えたんだー。にゃ〜ん。てへっ。名前も教えてもらっちゃったー。えへ」

肇にぎゅーっとしがみついたりして、すっかり、ご機嫌だ。

「あのな、俺は、お前が思うような男じゃない。優しくもないしかっこよくもないだろう」


優秀ではないとは言わない。










「それに俺は結婚している」







「さっき独身って言った」



「覚えていたのか」

「もちろん。神童翔ちゃんて近所では有名だったんだよ。知らないの?」

「あーそうかい」

「私、お買い得だと思うな。3年も一途に片思いしてたでしょ、キスだってえっちだってまだなんだよ」

それはものすごく自慢らしい。彼女にとっては。
肇のほうはあまり関心がない。
セックスはうまいほうが良いに決まっていると彼は思っている。

「いまどきお前の歳で処女とは化石のようだな。俺は化石とやる趣味はない」
「化石で結構。見てなさい、化石好きにしてあげるから」

そーゆーことではないだろう、と肇は思う。どうしてこんなのが同僚なのかが分からない。優秀でないと受からないのではなかったか? どう見てもこれは相当な「のーたりん」だ。だいたい質問がなんだったか忘れるような人間がどうしてあの難関面接を通るのか。

色気で落とされるような教官たちではないし、そもそも翔に色気など全く感じない。



とりあえず、つっこみは入れておく。
「それはそれで困るだろ。だれでも「はじめて」は一回だけだ」

「はじめくんのばかー。絶対好きって言わせるんだからー」

逆切れされてため息をつきがてら
「・・・はじめくんゆーなっつーに」
と返す。間髪いれず。
「やだっ」
と返ってくる。





――これは本当に俺のこと好きなんだろうか。
若い娘というものはよくわからん。
と爺むさってみる。


たしかに、彼女の言動の一つ一つが理解できないのは確かだ。
ただ、それが「若い娘」だからなのかは再考の余地がある。


とりあえず、確認をしてみよう。
「おまえさー」

「なに」

「俺のこと好きなんだろ?」

「うん」

「なら、すこしくらいゆーことを聞いてくれてもいいんじゃないか」

「いいよ、はじめくんゆーなってゆーの以外なら」

訂正。
単なる馬鹿ではないらしい。

肇は今日何度目かのため息をつく。
そして言う。

「あーそーかい。じゃとりあえず退いてくれ。重い」

| うね | れぢぇんとDesert | comments(2) | trackbacks(0) |
あくと いち やっぱりあるんだよ 出会いって の続き
そのに 無敵



シャトル、アウェイトルーム内。

翔はソファに座り、天井を見つめて言った。

「ぽんこつだね」


ぽんこつシャトル、アウェイトルーム内。

男の方は、さっき以上に不機嫌だった。
彼女の正面に座り、ウーロン茶缶のふたを開ける。

――こういう娘にはどういったら分かってもらえるのだろうか。
  堂々と密航して、しかも名乗って、それが同僚(らしい)ときてる

とりあえず・・・。

「お嬢ちゃん?」

「怒るんでしょっ。密航なんてしたから、怒るんでしょ。でも、怒る前にあなたは名乗るべきよ。私、おかしいと思う。私はちゃんと名乗ったのに。だいたい、出会ったら男から名乗るのが礼儀ってもんよ。それとも何? あなた行きずりでベッドに入ったときみたいに考えてるわけ? ああ、あなたなら言いそうね「俺のことならジョージって呼んでくれ」とかさ、・・・・・・なによ、今のシャレ、わかんなかったの? 気がきかない男はもてないよ」


――早速これか

男はため息をついた。
そして、この種の女の子を宥めるのは、ミジンコを調教するより難しいのではないかと思った。

――というか、なぜこいつを宥めねばならないのだ。密航者だぞ。


「ちょっとー、聞いてるの?」
「ああ、名乗ればいいんだろ」
彼女は「そうね」といい、またえらそうに足を組んだ。

男は事実上「負けた」という形になる。
少なくとも翔は「自分が上位」と思っている。

――逆ぎれしたもん勝ちってところだな


男はまたため息をついて言った。

「望月肇。29歳、独身。最終学歴は高校だからお前と似たようなもんだな」

「私、学位持ってるもん」

「課程で取ったわけではないだろう」

「そーだよ。あ、あなたもそうなの」

「そーでないとこの世界には入れない」

「まぁね。続けて」

「・・・宇宙開発課、ロンドンの職員。座右の銘でも聞きたいかい」

「聞いてあげてもいいよ」

「なら、以上だ」






しゃべりすぎたな、と肇は思った。
| うね | れぢぇんとDesert | comments(2) | trackbacks(0) |
「ぷろろーぐ」のつづき
あくと いち やっぱりあるんだよ 出会いって

そのいち はじめまして?

男は小型ジェット機のようなシャトルのステップに立った。
好きで降りたわけではない。
もしかしたら、一生この地ですごさなけれはばならないのかと思うと
気が重かった。
しかも、その「一生」は、長くてもあと1ヶ月くらいで終わるだろう。

地球には何を残してきただろうかと男は考えた。
旅行のつもりだったのだから残してきたものばかりだ。

女……はこないだ別れたので残ってない。
怨恨は残ったかもしれないが。
いや、振られたのだからそれもないか。

家族……はいま自分がどうしているかすら知らないかもしれない。
ありえないくらいたくさん居る妹たちの顔も今会ったらわからない。
12歳年下の弟はわかる。
いやでもテレビに「出てきやがる」から。
奴は国際的スターなのだそうだ。
あの男のどこが良いのやら。
ちゃらちゃらしたあの男のどこが。
男は自分の立場を忘れてしばし機嫌を損ねた。


あ、


残したもの、貯金?
いくらあったかな。
この間、なんとなくマンションを買ったから、たぶん、ない。
何かあったときの財産の受け取り手は親だが、
ロンドンの街中の単なる空間をもらっても喜ばないだろう。

――家にしておけばよかったかな。

男はぼんやり考えた。

見渡す限りの風景とはこのことを言うのだろう。
あたり一面砂だった。
サハラは岩石砂漠だというが、それでも男は「サハラのようだ」と思った。
きわめて小市民なのである。


男はたばこに火をつけた。立ち上る煙を見て思う。


「なんてこった」


頭を抱えて座りたくなる心境だと思った。
やらないけど。


口の悪い妹たちがこの情景を見たら
「おにーちゃん、ばっっっっかじゃない?」
と言いそうだ。



と。

後ろで気配がした、と同時に
「わっっ」
と若い女の声がして、
次の瞬間、いや、気付いたら男は砂の上にうつぶせていた。






「あ、ごーめんねぇ」
女は言った。


女? 

と思って男は砂を吐き出し、熱い砂の上にあぐらをかいた。


逆光で映し出された彼女はステップの上で敬礼をして言った。
「コードネーム イレブンナイン、本名たかぎつばさ
 たかぎは普通の高木、つばさは飛翔の翔、だよ」

――「ひしょう」の「しょう」なんてなんぼでもあるじゃないか

男は機嫌が悪くなるが翔はぜんぜんお構いなしだ。

「あ。18歳でーす。よろしくね♪」


敬礼をして「よろしくね」とは何事だ、と男は思った。
次に、よろしくなんぞされたくないと思った。

翔は言う。
「ウーロン茶、冷えてるよ?」

| うね | れぢぇんとDesert | comments(2) | trackbacks(0) |
ぷろろーぐ
時は、2389年7月。
場所は言ってもわからんだろーが一応言っておきましょうかね。
ペレテギス第12恒星 の脇。
ああ、やっぱりわからない。
ああやっぱり。
それはそう。
ここは宇宙開発最果ての地、ですからね。最近開拓が始まった、宇宙の蝦夷地なのですわ。
じゃ、そのなんとか12恒星というのはどこにあるか。
さ、外に出ますか。
冬の夜空だといいですね。
オリオン座、見つかりましたか?
その枠の部分で東側にある星ですね、ペテルギウスって星があります。平面上だとその隣くらいですね。だいたい。
あー、平家星のほうですよ。蛇足ですが、源氏星のほうは「リゲル」といいます。リ・ゲ・ルですよ。はい、みなさんご一緒に、せーの、はいっ。

り・げ・るー。

はいよくできました。

「蛇足と言っただろ!」

うわっ。
突然現れたこの男、名を「望月肇」といいまして、2月14日生まれの29歳独身。こないだ女に捨てられたばかりで本人曰く「せーせーした」のだそうな29歳独身です。

「独身独身しつこいぞ」

心配要りません。はい。最近は「惚れ薬」や「馬鹿につける薬」も出回る世の中ですからね。まあ、そもそも「馬鹿につける薬」が「馬鹿を治す薬」であるとは限らないし、「お肌に合わない」こともありましょーがね。

「馬鹿馬鹿言うな」

はいはい。
では。
紹介、続けたほうがいいんですよね。
身長185.2センチ。.2って何でしょうね。まいっか。
まあ、石を投げたら金さん(張さんでも李さんでも鈴木さんでも佐藤さんでもジョーンズさんでも良いけども)に当たるという以上に平凡な日本人で、おんなじ顔は世界に200万人くらいいるかもしれませんね。言わせてもらえばちょいとふけてますかね。29には見えない。ふけ顔。そういった意味では個性的な顔かも。

「顔のことは言うな」

はいはい。
職業はというと、これまたこの手にありがちな、国際警察宇宙開拓局恒星惑星保護課のエージェント、らしいですよ。この顔で国際公務員。しかもこの顔で警察。とゆーか、ほとんど職業軍人。この顔で。

「うるさい。顔で仕事をやるわけではない」

これがけっこう危ない職業で

「無視かよ」

彼が7年この仕事をしていて、同期で現在「無事」なのは、1/5ですよ。
ごぶんのいち。
宇宙と言うのは、開発が始まって数百年経った今も未知・危険なところで、これだけ犠牲者を出してもまだ開発途上なのですよ。
え? 何が危険って、そりゃあーた、一度行ってみなさいな。
隕石はびゅんびゅん飛んで来るわ、安全だと思っていた土地がいきなり惑星規模の大噴火―で吹っ飛んじまうわ、かといえば、先に陣取っていたタコみたいなやつにぱすっとやられっちまうわ、うまく開発して戻ってくれば、「こいつは使える」ってんで、他の星の取り合い喧嘩の仲裁に行かされるわ。
あー、そーいえば、最近流行っているのが「銀河征服」「宇宙征服」ってやつでね、どこからか知らないがパワーガンやらバズーカ砲のオバケみたいのなんぞを持ち出して、どっかの星を基点に、その「宇宙征服」とやらをおっぱじめるんですわ。また、たいていさっさと片付けられちゃうんですが、だいたい何パーセントくらいですかね、運の強いお方がいらっしゃいまして、派遣されてきたエージェントなるやつを「やっつけて」しまうんですわ。いやいや、迷惑な話ですなぁ。
しかしね、このお仕事はそれゆえに高給なのですよ。けっこう儲かるようですよ。
ただ、こんなところに関心がある人ほど長生きはしないもんで

「俺の紹介じゃなかったのか?」

あ。



| うね | れぢぇんとDesert | comments(4) | trackbacks(0) |